SIMカードの大きさを確認する

SIMカードの大きさを確認する

スマートフォンは様々なメーカーから発売されており、それぞれで特徴が違ったものになります。
そのため一見同じように見えても細かいところでは違い、同じシリーズでも発売時期によっては大きく機能が違っていたりします。

その際に気を付けたいことが、SIMカードのサイズです。

nanoSIMのような小さなサイズのカードを使用しているのであれば、アダプタを使用することで、大きなサイズに対応することができます。

しかし反対にmicroSIMを使っている場合は、小さいサイズには対応できないので気を付けなければいけません。そのため重要になることが、スマートフォンの本体を買うときになります。

大手キャリアであれば自分が利用してるSIMカードのサイズに対応しているかどうかは、すぐに調べてもらうことができます。


しかしSIMフリーのスマートフォンをネットなどで購入する場合には、買う前に自分で確認することが必要不可欠です。

確認をおろそかにすることでカードサイズが自分のと対応していなければ、携帯電話会社に連絡などをしてカードサイズの変更をしなければいけません。

その際にはサイズ変更の手数料がかかるので余計な費用が掛かるため、特に注意して見なければいけません。またそのほかにも重要なことがあり、大手キャリアで契約していればいいですがMVNOを利用してる場合には注意が必要です。
それぞれの携帯会社で販売している機種であれば問題ありませんが、SIMフリーの機種では対応している周波数が違います。



そのため携帯会社が扱っている異種以外を利用する場合には、滞欧周波数を調べておきましょう。

MVNOではどのキャリアの回線を利用しているかによって、利用できる周波数が違うのでその点も一緒に把握しておくことが重要です。
そして現在のカードの大きさはnanoSIMが主流であるので、新しく契約する場合にはこの点も抑えておくことが必要です。

小さければアダプタで大きさを調整することもできるので、多様性があります。そのため新しく買った機種がmicroSIM対応であった場合にも、対処することができます。このようなことからも小さいサイズのカードを利用する方が、万が一の際にも便利に使うことが可能です。


この時に注意しなければいけないことが、microSIMをカットして小さくしようと考えることです。

SIMカッターというものがあり、小さくカットすることができますが注意が必要です。まず破損するリスクがあるので、壊れてしまった場合には使うことができません。



そしてMVNOを利用している場合には、SIMカードは貸与されているものになります。


そのため壊したりなくしたりした場合には、それに対する費用が掛かってしまうのでカットしてしまうと余計な費用がかかることがあります。

このようなことがあるのでSIMカードを利用する際には、どのようなことができるのか確認してから行うようにしましょう。