スマホに必須のSIMとは何か

最近はスマートフォンも格安金額で購入できるようになっています。

ガラケーを持っている人もスマートフォンに乗り替えるチャンスなのでSIMを知っておくといいでしょう。

これは小型のカードでスマートフォン本体に差し込んで使います。

SIMカードを挿入しているスマートフォンはLTE通信をする事ができるので通話やインターネットを高速で楽しめるのが特徴です。

基本的にスマートフォンを利用するときは必須となっています。
カードの内部にはキャリア契約者を識別するためのIDが入っているため所持者を判別可能です。


いちようスマートフォンには電話以外の機能も付属しているのでWi-Fiつき無線LANを使ってデータ通信をするときはSIMカードが必要ありません。
購入するときは量販店やキャリアとMVNOの店舗に行くと手に入れることが可能です。販売価格ではなく契約料と通信料金になるので間違わないようにしましょう。
SIMカードは月額料金を支払うことで維持できる仕組みをしています。


月額料金はどの業者を利用するのかで変化するため目的に応じた業者を選ぶのが基本です。

できるだけ料金を安くしたいならMVNO、充実したサービスを受けたいのなら大手キャリアと契約をします。



また業者によりプランが幾つか用意されているので必見です。
特にMVNOはデータ通信をあまりしない人のために格安プランを提供してくれます。
安いプランならスマートフォン本体とSIMを合わせて月額2400円くらいから利用できるので便利です。

契約できるSIMカードは大きく分けると通話タイプとデータ通信タイプの2つとなっています。前者はインターネットも通話もする事ができるオーソドックスなものです。

後者はインターネットのみをする事ができるのでホビー用途として使えるでしょう。



データ通信専用のものは値段が安く月額900円くらいから利用できるものもあります。キャリアやMVNOが提供しているSIMカードは基本的に購入ではなくレンタルです。
契約解除をするときには返却が義務づけられているものもあるので理解しておくと良いといえます。

基本は契約で利用できるSIMカードですが中には購入できるものもあるので知っておきましょう。

こちらはプリペイドタイプのSIMで量販店に行くと手に入れることができます。


普通は月額料金を支払って使えますがプリペイドタイプは先に料金を支払うシステムです。
パッケージには利用期間が書かれているので期間内通信をする事が可能となっています。

また特定のデータ量を超えると使えなくなるのもプリペイドタイプの特徴です。通話をすることが出来ないものでデータ通信専用で使えます。



旅行先でインターネットをしたいときや特定期間のみデータ通信をしたいときに使い勝手が良いです。
使えなくなっても再び量販店で購入してSIMカードスロットに差し込めばデータ通信できるようになるのも特徴と言えるでしょう。