フィリピン留学で日常英会話以上のことも習得しよう

留学をすると、24時間英語に触れた生活をすることになるため、生活に困らないレベルには英会話能力がアップします。スーパーで買い物をしたり、ファーストフード店で注文するなどの英会話は自在にできるようになります。

それ以上にディスカッション能力や論理的に話を展開させる英会話能力を身に着けるためには、留学先できちんとした授業を受けることが必要です。


そこで注目されているのが、フィリピン留学です。


フィリピンは日本の南側にある国で、一年中温帯な気候です。

公用語が英語なので、街中では英語を使って生活することになります。

フィリピンでは、アメリカの企業のコールセンターが作られて、アメリカ人からの問い合わせに対してフィリピン人が対応するビジネスが展開されています。

カンボジアの外国人研修生関する便利な情報が満載です。

それほど、フィリピン人の英語能力は高いです。

フィリピン留学先では、そのようなコールセンター勤務の経験のある先生もいます。



なまりの無いクリアな発音の先生が厳選されており、安心して英語の授業を受けられます。

アメリカやイギリスへの留学では、一人の先生につき複数の生徒がつくクラス体系が多いですが、フィリピン留学の場合、英会話のレッスンではマンツーマンでの指導が受けられます。



自分が英語を話す時間がたくさん取れるので、上達が早くなります。

発音や文法の間違いをその場で直してもらえるし、質問も気軽にできるのがメリットです。
このような授業は英会話能力の底上げだけでなく、英語の能力検定試験のスコアアップにも役立ちます。